消費者金融のキャッシング返済手数料について

消費者金融のキャッシングといえば、「総量規制」があることが話題となっています。

しかし、2010年6月18日に施行された改正貸金業法では、総量規制だけでなく、返済手数料についても変更を加えています。

改正貸金業法では、消費者金融などのATM利用に当たっての手数料については、

・1万円以下:100円+消費税
・1万円超:200円+消費税

の返済手数料を受け取らなければならない、としています。

この返済手数料については、消費者金融の専用ATMを利用する場合に適用されるものではありませんので、「消費者金融のATM」を利用するとお得になることが分かります。

おまとめローンの契約条件を知りたい方はこちらまでどうぞ!

プロミス増額をしてはいけない理由とは?

プロミスを利用されている方の中に「増額申請してみようかな・・・」と考える人がいます。

しかし、プロミス増額には、一定の問題がありますので、必ずしもベストな選択ではありません。

プロミスの増額には、希望どおりの金額が認められることもありますが、

1.かえって限度額が減らされる
2.プロミスカードが使えなくなる

というリスクもあります。

ここでは、プロミス増額の注意点について説明したいと思います。
■プロミスの増額審査とは?

プロミスの増額審査について、「申込審査よりも簡単!」と思われるかもしれませんが、希望する金額が多くなるので、

申込時よりも厳しい審査となる

ことは明らかです。

これまでの返済をキッチリされてきた方は大丈夫かもしれませんが、1度でも延滞があったりすると、増額ができないだけでなく、

限度額が減らされる

こともあります。

プロミスの増額申請が必ずしもベストではない、というのは、この「限度額が減らされる」というリスクがあることが理由になります。
■増額が認められても総量規制の範囲内

プロミスは、消費者金融ですので、高額融資には向いていません。

年収300万円の方なら必然的に「100万円」までと決められていますので、それを超える希望を出しても、審査にとおることはありません。

総量規制の影響があり、限度額が減らされるリスクがありますので、別のカードローンに申込むのが最適な解決法になります。
■銀行カードローンなら年収の1/3超の融資も!

より多くのローンを組みたいなら、迷うことなく「銀行カードローン」に申込んでください。

増額ではなく、銀行ローンへの申込みなら、最悪の場合でもプロミスの限度額は利用し続けられます。

プロミスは「三井住友グループ」の消費者金融ですので、オリックス銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行のバンクイックなどを選ぶようにします。

プロミスの増額には一定のリスクがありますが、他社への申込みならリスクを受けずに増額にチャレンジできます。